HOME>VIO脱毛とは

VIO脱毛とは

VIO脱毛についてまだあまり知らないという方も多いかもしれません。
当ページで、VIO脱毛についてご紹介します。

ワキの脱毛に比べ、VIO脱毛は認知度がやや低く、実際にVIO脱毛という言葉を聞いてもピンとこない方や、そんなところを人に処理してもらうなんて恥ずかしいと抵抗を感じる方も多いかと思います。
そこで、VIO脱毛について簡単にご紹介したいと思います。

Vライン

Vラインとはビキニラインのことで、パンツや水着のV字からはみ出す部分のことをさします。
意外と処理回数が多く、自己処理をすることで黒ずんでしまうことも多いため、VIO脱毛の中でも最も人気の部分となっています。
Vラインに生える毛の濃さや多さは個人差があるため、クリニックによっては範囲によって金額を変えているところもあります。
また、ただ単にはみ出した部分を処理するだけではなく、形を整えたり毛の量を減らす方法も人気となっています。

Iライン

IラインとはVラインのさらに奥、陰部のあたりをさします。 処理に抵抗を感じる方も多いかもしれませんが、実は処理することで生理時のムレやにおい、夏場の汗のにおいなどを軽減できるため、清潔感が増します。
毛の量を減らすこともできますが、減ったことによる快適さにより、Vラインは残してIラインを全部処理するという方も意外と多いようです。
クリニックによっては、脚を閉じた状態・開いた状態で金額を変えているところもあります。

Oライン

Oラインとは、肛門のまわりのことをさします。
肛門のまわりは人から見えないこともあり、「周りの子は生えていないんじゃ…」と不安を感じる方も多いようですが、実際はほとんどの人に生えていると言われています。
肛門のまわりの毛を処理することで、排せつ時に汚れが付きにくく、雑菌の繁殖等も軽減されることから衛生的だと言われています。
クリニックによっては肛門のまわりのみの場合や、肛門周辺から少し広い範囲の脱毛を行っているところなどもあります。

ハイジニーナ

VIOラインの脱毛をすべて完了し、アンダーヘアが全くない状態のスタイルをさします。
元々は「hygiene」(衛生)から美容業界の専門用語。脱毛だけでなく、脱毛した女性の事をこう呼ぶこともあります。
海外セレブだけではなく、欧米では中学生や高校生も気軽にハイジニーナをするそう。あまり日本では考えられませんね!
「性教育が発達しているから」「文化の違いがあるから」なども大きな理由ですが、やっぱりファッション・身だしなみの面が大きいようです。
日本のモデルにもハイジニーナをカミングアウトした女性が。一般的に知られだしたのはこの頃からではないでしょうか?
体毛を媒介とした感染症などを防ぐことができ、語源通り清潔に保てるのも大きなメリット。臭いやムレも軽減されます

しかし、よい事ばかりではありません。
ビーチやプールなら大きな武器ですが、公衆浴場や温泉では逆に気になってしまうという方もいます。
また、パートナーがいる場合はちゃんと相談したほうが良いでしょう。無毛の女性を嫌がる男性は意外に多いのです。

ハイジニーナはハードルが高すぎる!という人はIライン、Oラインをきれいに処理し、
Vラインは形を整えるというハイジニーナがあります。
この方法なら、清潔さも好印象も保てるのでは?施術を行うクリニックにもよく相談して下さいね!

先頭行へ戻る